コクヨ北海道販売株式会社

 011-815-5940

受付時間8:30〜17:30

お問い合わせ

社員発信メディアエゾコネ

ホーム > エゾコネ > コラム > 社内の小さな不満やストレス、「カイゼンボード」で解決!

社内の小さな不満やストレス、「カイゼンボード」で解決!


言いたいけれど言えない。

誰に相談すればいいのかわからない。

そんな社内での小さな不満を放置していませんか?不満の種は気づいた時には大きなストレスに育ってしまいます。社内でのストレスは集中力を削り、業務効率の悪化に加え、健康面にも支障をきたします。

 

あなたが抱えるその不満は本当にあなただけのものでしょうか?

実は周りの人も同じことを考えているのかもしれません。

 

そんな課題を解決する方法として、『カイゼンボード』をご提案します。

 

 

仕組みはいたってシンプルです。

①まず、小さな不満やカイゼン案を社員が付箋紙に書き、『カイゼンボード』と呼ばれるパネルに自由に貼り付けていきます。

②そして、月に一度、各部署から選出されたカイゼン委員会がそれらの意見を実施するか否かを選別していきます。

③実施されるカイゼン内容は、月初の全体朝礼で共有されることになります。

 

こうして、徐々に社員が働きやすいオフィスへと進化していくのですが、今回はカイゼン事例として、「個人ロッカー」の利用法について、実際に採用されたものをご紹介します。

弊社はフリーアドレスを採用しているので、自席やワゴンなどがなく、その代わりに「個人ロッカー」を一人につき1つ用意しています。写真のとおり、個人ロッカーは箱形で、上中下3段の形式となっています。

 

 

カイゼンボードに出された提案内容は、「3か月に1度、3段あるロッカーを入れ替える」というもので、長い間利用していると煩雑な利用となるため、「整理整頓」や「清掃」が提案の目的でした。ところが、別な効果も生まれました。一番下のロッカーは荷物の出し入れが少し大変になります。それを入れ替えすることにより平等に利用できるようになったのです。

 

また、より働きやすいオフィスを社員全員で考えていくことには、もう一つ効果があると思います。

それは、「社員が自分の職場に『愛着』をもつこと」です。何気なく、オフィスで仕事をしていて不満をためこんでしまうのと、何か改善できることがないかな、という気持ちでオフィスにいるのとでは、おのずと気持ちの持ち方が変わってくるのではないでしょうか。

 

「カイゼンボード」に興味がある、もっと詳しく知りたい方は、ぜひライブオフィス「EZONE」へお越しください。また、今後もいいカイゼン事例をご紹介してまいりますので、ご参考いただければと思います。

 

LIVEオフィス「EZONE」を見る

 

同じカテゴリの記事